変化の始まりは “ 認識 ” から

ー自分と自分の宇宙は実在しないー すべての問題の始まりは「自分がある」という人間共通の認識から。今までをAll Zero化した 「0=∞=1」から認識する新しい基準点。  本物のチームプレイ完成に向けてチャレンジしています!

「反日種族主義」と日本人との出会い

〜変化の始まりは“認識”から〜をキャッチフレーズに、

日本から、AI時代に必要な人づくり、組織づくりを実現するため、

令和チームプレイを案内する、

マインドームインストラクターの山口禎子です。

 

 

今日は1冊の本をご紹介したいと思います。

 

 

令和元年11月14日に発売されました、

李栄薫編著反日種族主義です。

f:id:yoshikoyamaguchiblog:20191114211642j:plain

 

韓国人である李さんは、元ソウル大学の経済学教授です。

そのような方が、なぜ、このような本を出版されたのでしょう。

 

昨今、日韓関係は緊張状態を増していて、

日本側、韓国側の見解や意見に対して、両国が敏感に反応する時でもあります。

 

なぜ、今このタイミングで日本出版が決まったのでしょう。

 

そこには李さんの自国である韓国に対して、危機意識とも言える問題意識。

そして、韓国の今後の成長、発展を強く願った想い。

この2つがあったからではないかと思います。

 

 

こちらの記事も参考にご覧ください。

「反日種族主義」を掲げる韓国の恥ずかしい問題 反日歴史の嘘を立証した著者が語る | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 

 

本の内容は、これまで歴史解析で日本と対立してきた

慰安婦」「徴用工」「竹島」などについて、

真っ向から、客観的データをもとに、徹底的に検証しています。

 

韓国というと、感情的なイメージが浮かぶ人も多いと思いますが、

感情論ではなく、客観的な、一貫した論理によって、理解していく歴史。

それは、もしかしたら、韓国の人が求めていたものかもしれません。

 

これまでの歴史教育の数々を覆し、「嘘」だと立証していく内容に、

韓国では異例の10万部を超えるベストセラーになっています。

それだけ、韓国の未来に対して、不安や危機感を

感じている人が多いことだと李さんは話されています。

 

もちろん、韓国国内で反発や抵抗もあるでしょう。

そんな中でも、この本の出版に踏み切った、李さんの覚悟はどれ程か...

 

まさに命懸けで書いている本なので、ただの本とは全く違っていて、

これからの未来を決めるような、緊張感を持って、本を読んでいます。

 

日本で出版されたことで、日本でも様々な反応があると思います。

予約の時点でランキングに入っていたり、

発売前日から新刊、話題、注目の本として各書店に並んでいます。

間違いなく注目されている本です。

 

 

どんな日本人がこの本を手にするのでしょう。

どんな気持ちで、どんな想いで、この本と出会うでしょう。

 

 

私はこの本と出会うことで、

これから未来、どんな日韓関係を築いていけるのかを

改めて自分の考えて、考えてみたいと思うのです。

 

李さんは日韓危機の根源が、

この「反日種族主義」であると言い切っています。

韓国の発展、変化、成長を妨げ、危機を生み出してきた

この根源で、どれ程、悲しみ、苦しみがあったのかも知りたいと思います。

 

以前、韓国にある「独立記念館」を見学に行きました。

そこは反日教育を象徴するようなミュージアムです。

私たち日本人もまた、正しく歴史を教わっていませんし、

歴史に関心が向かないような、薄っぺらい歴史しか学校では教えません。

なので、韓国でなぜ反日が教育として教えられているのか、

その背景や理解が弱かったと知る機会になり、ショックを受けました。

 

 

私はNoh Jesu氏という1人の韓国人と出会い、

韓国の歴史、韓国の涙を知ることができました。

そして、日本の可能性、これまでの日本の歴史もまた、

Nohさんを通じて教えて頂きました。

 

 

多くの日本人が、未来の日韓関係のために、

お互いの理解のために、この本と出会ってくださることを願っています。

 

 

これから本を読み進めて、また感想や気づいたことなどを

書いていきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

Noh Jesu氏が李栄薫編著「反日種族主義」について紹介している動画です。

こちらの動画を観て本を読んでいくと、読みやすくなるのでオススメです。


No.38 韓国社会に激震!! イ・ヨンフン著 『反日種族主義』

 

私の創りたい未来

〜変化の始まりは“認識”から〜をキャッチフレーズに、

AI時代に必要な人づくり、組織づくりを実現するため、

令和ライフスタイルを案内する、マインドームインストラクターの山口禎子です。

 

今日は、私の創りたい未来について、

お話したいと思います。

 

みなさんは、どんな未来を創りたいですか?

私が創りたい未来は一言で言ったら ー One World ー です。

もう少し具体的に表現すると、

あらゆる境界線を越えた、協力関係ができる社会。

チームプレイが当たり前で、1人1人の尊厳が発揮されている尊厳社会です。

 

そう聞いてどう感じますか?

「そんなのは理想論だ」

「絶対無理!」

そう、思われた方も多いかもしれません。

 

私がnTechと出会い、活動してきたこれまでにも、

いろんな方からそんな風に言われたことは数知れず。

身近な家族や友人にも、よく心配される程でした。

 

 

では、これまで人間が解決できなかった多くの問題の中で、

 

どんな問題を解決したら、ー One World ーを創ることができるでしょうか?

 

この問題さえ解決したら、ー One World ーを創れる!

そんな問題がわかったらどうでしょう?

 

それが「観点の問題」です。

 

私はこの問題さえ解決することができれば、

必ずー One World ーが創れることを確信しています!

 

本当にこの「観点の問題」さえ解決できれば、

ー One World ーが創れるのなら、みなさんは問題解決に取り組むでしょうか?

わかったとしても、それはとても勇気がいることです。

 

でも、私は奇跡を起こしたい!そんなことも思っています。

これまで人間が、誰もが不可能と思えることにもチャレンジして、

何度となく奇跡を起こしてきました。

 

新しい発見や発明、

どんなにバカにされたとしても、

やり続けていくこと、確信したことを貫くこと、

その積み重ねていく想いや意志が形になるのが、“奇跡”だと思うのです。

 

 

誰も解決したことのない「観点の問題」

これさえ解決すれば、全く新しい人間の文化、文明が始まっていく。

そんな未来をワクワクして、日々取り組んでいます。

 

 

今まで無理だったからと言って、諦めてはいけません。

時代が変わりました。だって令和ですから!

 

 

今の時代に生まれてきた多くの方と、

今までの常識を破る、不可能を可能にするチャレンジを共にしたいですし、

そこから生まれる感動をみんなで味わいたいと思います。

 

 

 

 

f:id:yoshikoyamaguchiblog:20191001211219j:plain

 

機械的条件反射から自由になるには、心が脳に勝利すること!

〜変化の始まりは“認識”から〜をキャッチフレーズに、

AI時代に必要な人づくり、組織づくりを実現するため、

令和ライフスタイルを案内する、マインドームインストラクターの山口禎子です。

 

「人間は思った通りに行動できない」

 「行動した通りに思うのが人間だ」

そう言い切るのは、令和哲学者のNoh Jesu氏。

 

「思考は現実化する」と自己啓発本や、

ビジネス本でよく見かけるフレーズですが、

それを実践できている人は、どのくらいいるでしょうか?

 

中には、それで夢が叶った!本当に思ったことが現実化できた!

という方もいるかもしれませんが、どんな条件、状況の中で、

思った通りになり続けることは、なかなか簡単ではありません。

 

 

NohさんのBlogに、興味深いフレーズを発見しました。

ところであなたは、「思った通りに行動ができている」でしょうか? 
もし、できていないのであれば、“生き方の手術”が必要です。

では一体なぜ、生き方の手術が必要なのでしょうか?


脳と心をみたときに、心は常に脳に負け続けています。
しかし、生き方の手術をすれば、心が脳に勝ち、永遠に脳に勝利する心の時代をつくれるのです。

では、「心が脳に負けている」とはどういうことでしょうか?

 

【令和哲学23】AI時代、哲学の最大の難題である「決定論」と「自由意志論」を融合する令和哲学 - Noh Jesu 公式ブログ|ティール(teal)組織の進化版「Dignity ティール組織」のイベントを開催中

 

みなさんは、普段、考えたり、感じたり、行動する主体は、

「心」ですか?「脳」ですか?

 

何も考えていない、意志が働いていなければ、

自動的に「脳」が主体になって、

過去の経験体験をもとにした、機械的条件反射の

考え、感情、言葉、行動、関係構築になっています。

 

実は、日常生活のほとんどが、

この機械的条件反射の結果になっているのです。

思い当たる方は少なくないのではないでしょうか。

 

機械的条件反射から自由になるためには、

心が脳に勝利することです。

脳に負けてしまっていては、

ずっと同じパターンの繰り返し。

同じミス、同じ関係性、同じ生き方を繰り返してしまいます。

 

心が脳に勝利するには、

心が何か?を明確に理解して、活用する生き方を選択していくことです。

それができる技術がnTechという認識を変化する技術です。

 

心がスッキリ、ワクワクする生き方。

そのためには「心」を活用することが必須条件ですね。

 

心の時代に、「心」を理解して、自由自在に活用して、

思った通りに行動する、行動した通りに思うことを一致した

令和ライフスタイルを始めていきましょう!

 

 

NohさんBlog全文はコチラから↓↓↓

blog.noh-jesu.com

 

f:id:yoshikoyamaguchiblog:20190924133005p:plain

 

点の秘密を知ることは、自分を知ること、宇宙を知ること

〜変化の始まりは“認識”から〜をキャッチフレーズに、

令和ライフスタイルで、AI時代に必要な人づくり、組織づくりを実現する、

マインドームインストラクターの山口禎子です。

 

9月というと、私の父の命日があり、

いろんなことを振り返るタイミングでもある月です。

 

自分の過去に作られたアルゴリズム

考え、感情のこのアルゴリズムを無意識から意識化した時に、

癒される感覚を最近、感じられました。

それは根底の一番深い、私の当たり前過ぎていつも持っていた、

でも、言葉にしたことのないその感情との出会いがあったからです。

 

その感情は、「淋しい、孤独感」

 

私の家庭は、父、母、姉2人で、私は三姉妹の末っ子と、

一見したら、孤独を感じるような環境ではありません。

実際、家は賑やかで、よく家族で出掛けたり、ドライブに行ったりしていました。

 

でも、私の中にいつもあったのは、「孤独感」

1人ぼっちのような、とても淋しい感覚です。

周りに人がいたとしてもです。

 

なぜ、そのように感じるようになったのか。

それは、母との関係、そして父との関係からでした。

 

小さい子供にとって、母親というのは、無条件大好きな存在です。

私は末っ子ですが、姉2人がとにかくわがままでした。

 

いつも母を困らせている様子を見ていて、

私は母を困らせてはいけないと、いい子にしていました。

 

そして、母からの言葉「よしこは手がかからなくて、いい子ね。」

そんな褒め言葉が嬉しい訳がありません。

 

「本当は違うのに...」

 

そんな気持ちを言葉にすることもできず、

何も答えることもできないで、いい子にしているしかありませんでした。

 

母を姉たちに取られてしまった私は、

父にその代わりを求めました。

 

父は末っ子の私をとても可愛がってくれました。

でも、いつもは子煩悩で優しい父ですが、

お酒を飲むと、母に対して怒鳴り、暴力をし、家の襖や障子を壊し、

食卓にある食器を壊したりと、感情的なタイプでした。

 

子供たちに手を挙げることはなかったけど、

父の怒鳴り声や母の悲鳴が聞こえてくると、

怖くて、怖くて、布団に被って、耳を塞いで聞こえなくなるのを待つ。

そんな夜を何度も経験しました。

 

ある日、父の暴力から母が子供部屋へ逃げてきました。

父は感情が収まらず、追いかけてきて母に対して怒鳴って部屋へ戻りました。

私のベッドに入った母がいることで、

また怖い思いをするかもしれないと、私は母を自分のベッドから追い出しました。

そして電気を消して寝ていたら、また父が子供部屋にやってきました。

父は私の隣に母がいると思い、暗闇で布団の上から殴ってきました。

私は母に間違われて殴られました。

ビックリして、怖さに泣き叫びました。

父も母もビックリして、父はさらに母に対して怒鳴っています。

私はとにかく怖くて、怖くて、泣き叫んでいました。

 

そこで父の留めの一言

「おまえもいつまでも泣いてるんじゃねー!!」

私に対して怒鳴りました。

 

泣き叫んでいた私はその瞬間、ピタッと泣くのをやめました。

泣いてたらヤバイと思って、溢れる感情をぐっと押さえこんだのです。

 

本当は怖かっただけなのに、

誰もそれをわかってくれない_____

 

私にはいつもそんな想いがつきまとっていました。

淋しくても、大変でも、辛くても、苦しくても、

それを人に相談したり、その感情を表現することはありませんでした。

むしろそれに気づかれないように、

大丈夫なように、なんでも自分でできているように、見せていました。

 

なので、人が思う私と、本当に思っている私の姿は

結構違っていたと思います。

表面的なところを褒められたり、「明るくて、悩みなさそうだな」

「いつも元気だね」と言われる度に、

 

「この人も私に騙されている。本当の私を知らない。わかってくれない人」

と、少しバカにするような気持ちで相手を見ていました。

 

私は存在を無視されたりしたことはありません。

周りにはいつも人がいて、

楽しんだり、協力してくれたりする仲間もいました。

でも、本当の自分の心を無視されているような、

どこか埋まらない孤独感がずっとありました。

 

そこに気づいたことが、癒しでした。

そして、その淋しい孤独な根底の感情一点から、

自分と自分の宇宙が創られていた一連の流れが映画のように観えた時、

その点の外に出ることができました。

 

点の生まれる仕組み、

点の秘密を知ることと、

自分の根底の感情を癒し、新しい宇宙を創ることが繋がっています。

 

Personal Univers

1人1人が自分の宇宙を創ったり、壊したり。

人間が神の力を得るというのは、

DNA操作や、感情をコントロールする力ではなく、

自分の宇宙を統制、コントロールすることなのです。

 

自分で選択したこの目の前の映画を、楽しむ令和ライフスタイルが

今ここから始まっていきます!

 

f:id:yoshikoyamaguchiblog:20190911114347j:plain

 

点から生まれる、一瞬の出会い

〜変化の始まりは“認識”から〜をキャッチフレーズに、

AI時代に必要な人づくり、組織づくりを実現するため、

令和ライフスタイルを提供するCallingerの山口禎子です。

 

最近、感じられた「一瞬の出会い」について

お話してみたいと思います。

 

日々、多くの人と出会っていますが、

その出会いは「当たり前ではない」そう話す人は少なくありませんし、

私自身もそう思っています。

 

ただ、頭でそう理解していても、

そう心から実感するのとでは、雲泥の差。

全く違った世界です。

 

人と人が出会うこと。

自分には自分が通ってきた、いろんな経験、体験があり、

いろんな出来事があります。

そして、相手にも、同じように相手が通ってきた、

いろんな経験、体験、出来事があります。

 

どの条件、状況が1mmでも違えば、

目の前の人との出会いは現実化することはありません。

 

その奇跡を実感できたきっかけは、

一瞬の違い、1mmのズレがどんどん時間と共に広がって、

次、すぐ会えると思っていたのに、会えなかったという経験をしたからです。

 

一瞬の違いを具体的な表現で話してみたら、

ふとした「言葉」ひとつ

一瞬よぎった「考え」ひとつ

ふと湧いた「イメージ」ひとつ

何気ない「行動」ひとつ

それだけの違いが、結果として全く違う形、方向性になっていきます。

 

それが、本当は言いたかった「言葉」を言えなかったことで起きたり、

本当は必要ない「考え」がよぎったり、

それでかけ違ってしまったタイミングになったとしたら...

 

悔しさと後悔、そしてその一瞬の違いの重さを感じます。

そんな出来事がありました。

 

私は、人と関わるお仕事をしています。

相手にとって必要なこと、必要なタイミングは、

私の無意識の囚われで、そのタイミングを

逃してしまうことがあっては、本末転倒。

 

でも、その経験を通して、知ることができました。

侍のように、二度と同じ誤ちを犯さないために、

一つ一つの自らの言動の観察と、改善、

そして、新たな決意が大切ということも、身をもって経験しました。

 

今までよく後回しにしていたことが、

誰かのタイミングを逃していまっていたこともあったと思います。

 

あらゆる条件、状況が重なり合う一点。

その点の上に、今ここ、目の前の出会いが存在している。

そう認識するようになりました。

 

点からすべてが生み出される宇宙

私たちは1人1人が、My Universを持っています。

 

PCからPUヘ_____

 

Personal ComputerからPersonal Universへ

私たちが今、1人1台のパソコン、スマホを持っているように、

これからは、1人1宇宙を持ち、自由自在にカスタマイズする

自分の宇宙を創造していく時代になります。

 

その宇宙は、すべての出会いを集約した点から始まる。

そして、その宇宙は出発の意志、出発の想いに溢れた宇宙です。

皆さんはどんな意志、想いに溢れた宇宙を創造したいですか?

 

ワクワク、未来に希望を持った宇宙、

世界中をあっと驚かせる、奇跡を起こす宇宙を!

 

 

 

f:id:yoshikoyamaguchiblog:20190814154735j:plain

 

虚構の時代を終わらせる令和の幟

〜変化の始まりは“認識”から〜をキャッチフレーズに、

AI時代に必要な人づくり、組織づくりを実現するため、

令和ライフスタイルを提供するCallingerの山口禎子です。

 

この現実は錯覚だ。

目の前に「ある」と思っている私も、あなたも、この地球も、宇宙も

錯覚だと1996年から言い続けている韓国人であるNohさん。

 

これからのAI時代に大量生産されていくと言われる「無用者階級」

この津波に飲まれずに、解決するためには、錯覚である“虚構”であることを

明確に知ることだとNohさんは言います。

 

何が虚構で、何が実在、真実なのか。

今までの虚構の限界を超える、次元上昇した虚構とはどんなものなのか?

そこに令和がどう関係しているのか?

 

 

図と共に解りやすい全体像でBlogに掲載されていますので、

是非、読んでみてください。

 

【令和哲学18】歴史最高最大の大反転を認識する心

blog.noh-jesu.com

令和の時代が始まって、令和チャンネルがスタート!

〜変化の始まりは“認識”から〜をキャッチフレーズに、

AI時代に必要な人づくり、組織づくりを実現するため、

令和ライフスタイルを提供するCallingerの山口禎子です。

 

令和時代の到来を世界中の誰よりも喜び、

facebookでカウントダウンした人は、

この方、1人だったんじゃないかなと思います!笑

 

それ程、お祭り騒ぎ、お祝いモードで迎えた令和時代。

nTech(認識技術)を活用した「令和」に対しての意味やイメージ、

「令和時代」の新しい生き方、働き方、

令和元年7月に渡米した現地レポートなど、

様々な分野のお話が聞ける令和チャンネル!

 

nTech(認識技術)を活用するとは、

今までとは違う、全く新しい“認識方式”によって、

現実、物事、出来事を捉えることです。

 

今までの認識方式は、人間の5感覚と脳によって捉えています。

これは不完全であり、異質性で、偏っているため、

「認識疾患」状態、病気であると言っています。

 

人間がなぜ、争いが終わらないのか?

人と人が解り合えないのか?

すべての問題の根本原因であった観点の問題。

それを解決できる技術がnTech(認識方式)です。

 

AI時代の次の時代を創っていく技術として、

Noh Jesu氏が創始者となって日本で開発を進めてきた技術。

 

その技術が、日本だけじゃなく、

世界に必要とされている時代が、令和時代です。

 

是非、新しい認識方式でみる、今の世の中、問題、課題、

物事、出来事をどう捉えているのかを注目して、ご覧ください!

 

You Tube「令和チャンネル」

★次々配信されているので、チャンネル登録がオススメです!

 


No.1 令和チャンネルスタート!!