変化の始まりは “ 認識 ” から

ー自分と自分の宇宙は実在しないー すべての問題の始まりは「自分がある」という人間共通の認識から。今までをAll Zero化した 「0=∞=1」から認識する新しい基準点。  本物のチームプレイ完成に向けてチャレンジしています!

ウイルスをオールゼロ化させる、日本式ロックダウン 〜 クリーンジャパン戦略 〜

〜変化の始まりは“認識”から〜をキャッチフレーズに、

日本から、AI時代に必要な人づくり、組織づくりを実現するため、

令和チームプレイを案内する、

マインドームインストラクターの山口禎子です。

 

 

緊急事態宣言が発令されて、1週間。

土日は人出が、歌舞伎町で72%減、大阪駅周辺で93%減となっているものの、

平日は、まだまだ通常通りの勤務をしている人もあり、

友人の会社では、なんと残業をしているといいます。

 

「人が移動する」これが一番の感染拡大する要因です。

 

こんな中途半端な対策では、終息には程遠く、長期化して、

医療崩壊、経済崩壊、そして人の心が不信・不安・恐怖に翻弄され、

精神崩壊していく危険性が、日に日に増しています。

そんな情報を聞いても、ピンと来ない人もあると思います。

 

1人1人がまず、正しく理解することが必要です。

 

理解するべきは、

①ウイルスとは何か?

②今までのウイルスと、新型コロナウイルス(COVIT-19)の違いとは?

③ウイルスをオールクリアーする戦略とは?

1つ1つ整理してみたいと思います。

 

 

①ウイルスとは何か?

細菌は自ら栄養を取り込んで、増えていくのに対して、

ウイルスは、自ら増えていくことができません。

ウイルスは生命と物質の間の存在なのです。

 

じゃあ、どうやって増えるのか?

それは人間の細胞に入り込んで、

細胞を増やす仕組みを乗っ取って、増やしていくのです。

 

言い換えると、ウイルスは、

人間の細胞がなければ、増えることができないということです。

だから、人が外に出ない移動しないということが

感染拡大を抑制することに、とても有効的なのです。

 

 

参考動画

令和哲学チャンネル/新型コロナウイルスをどう読み解くか? 

中田敦彦のYouTube大学/【コロナショック①】ウイルスとは何か?

 

 

②今までのウイルスと、新型コロナウイルス(COVIT-19)の違いとは?

次に、今までのウイルスと、どのような違いによって、

今のパンデミックまで引起こすことになっているのでしょう。

 

特徴_1  潜伏期間 

2002年11月SARS重症急性呼吸器症候群)は、中国から発症し、

2003年7月にWHOから終息宣言が出されるまでに、

32ヶ国にわたり、8,000人が感染しました。

そしてその内の約1割である、774人の死者が出ています。

 

潜伏期間は2〜10日で、平均して5日程度。

急速にウイルスを増やしていくので、発熱や筋肉痛などの症状が発症し、

感染していることに気づきやすく、対策、対応がなされます。

 

それに比べて、今回の新型コロナウイルス(COVIT19)は、

潜伏期間は2〜12.5日と言われていて、それ程の違いはありませんが、

ゆっくりウイルスを増やしていく為、無症状、軽症状の期間が長くなり、

自覚するまでの症状が出るまでに、多くの人との接触を繰り返し、

感染を拡げているケースが多いと言います。

 

 

特徴_2  ワクチンの開発が困難 

インフルエンザは毎年、流行が確認されます。

死に至るケースもありますが、それ程、感染が拡大しないのは、

ワクチンがあり、予防接種ができるからです。

 

また、一度発症して回復した人には、抗体が獲得されているため、

その人には移りにくいという状況もあります。

これを集団免疫と言います。

 

新型コロナウイルス(COVIT-19)については、

ワクチンがまだ開発されていません。早くても1年かかると言われています。

 

しかし、新型コロナウイルス(COVIT-19)は、

既に変異しているとも言われていて、例えワクチンができたとしても、

その頃には効くかどうかもわからない。というリスクもあるのです。

 

また、一度感染して回復したからといって、

抗体があったとしても、ウイルスが変異してしまえば、

また感染するということも、もちろん起こり得るのです。

 

参考動画

KINDAI UNIVERSITY/新型コロナウイルス感染症対策講座「感染症の時代を生きる」

 

令和哲学者であるNoh Jesuさん曰く、

「悟ったウイルスだ」と。

このウイルスは、人間の行動や生活習慣をわかって、

感染拡大をしていっているというのです。

 

感染者、死亡者は、年配者、男性が多いというのも、

何か意図や意志があるようにも感じてしまいます。

 

このタイミングで、パンデミックまで起こしたウイルス。

みなさんは、どんなメッセージを感じますか?

 

 

③ウイルスをオールクリアーする戦略とは?

世界各国で、ロックダウンをしていますが、

大前提に、ウイルスを解決することができないという考えが見受けられます。

 

オールクリアーできる!と、そもそも発想もしないし、

そうできるとも思えない。その理由は、人間は何も理解していないからです。

 

生命と物質の間の存在である「ウイルス」

「ウイルス」どころか、生命が何か、物質とは何か、

今の科学では、完全に解明できていません。

 

医学は最小単位である細胞が何かをわからないまま、手術をしている。

そして、医学のベースにある、生物学は、生命が何かがわからない

生物学のベースにある物理学は、物質とは何か、存在とは何かがわからない

物理学のベースにある数学は、「1」とは何かがわからない

人間は、学問は、根本的な最小単位のそのものが、

何かがわからないのです。

 

そして、仮に今のレベルのロックダウンをして、

感染拡大を抑制できたとしても、ロックダウンを解除したら、

また第二波、第三波となって感染が拡がったり、

また別の新たなウイルスに、次々襲われる可能性もあるのです。

 

では、人間はウイルスに怯えながら、

何もできずに生きることしかできないのか。といえば、そうではありません。

 

ウイルスについて、ロックダウンについてを正しく理解し、

日本式ロックダウンを実施することで、

28日間の1回で、完全にウイルスをオールゼロ化させる戦略があるのです。

 

それが、クリーンジャパン戦略です。

 

クリーンジャパン戦略の簡単な流れはこのような項目です。

 

❶ウイルスについて、ロックダウンについて理解し、一斉にロックダウン

❷外に人がいなければ、ウイルスは増えることができないので、ウイルス死滅

❸家の中でも、人と人は社会的距離を保って生活

❹家の中の空間、カーテン、ドアノブなど、消毒することでウイルス死滅

❺体内に閉じ込めたウイルスは、自己免疫力で死滅

youtu.be

f:id:yoshikoyamaguchiblog:20200415161008j:plain

 

参考動画 令和哲学チャンネル

なぜロックダウンが必要なのか?ロックダウンについて全容解明!!

コロナの危機を一掃する日本式ロックダウンとは!?

 

 

今こそ、日本からこの世界的な危機をチャンスに大反転する、

日本式ロックダウン

国から強制的な命令で実施するロックダウンではなく、

理解して、必要性を伝えて、国にも要求する、

そんなボトムアップで実施する、日本式ロックダウン。

 

 

医師たちが立ち上がって、一刻も早く日本式ロックダウンを要求する

1000万人の署名の賛同を集めています。

私も賛同しています。まずはご覧ください ↓ ↓ ↓

www.change.org

 

危機的な状況に力を発揮するのが、日本人の特徴です。

今までに経験のない、世界的な危機だからこそ、

私たちは、一致団結して突破したこれまでの歴史のように、

立ち上がっていく時なのです。

 

日本、Re・rise!!

 

世界の希望になれ!

ポストコロナ時代の方向性を示す、北極星になれ!

令和北極星★日本!になることにワクワクしています。

 

 

クリーンジャパン戦略、ポストコロナ時代がわかる、

オンライン会議開催されます!

21世紀の坂本龍馬たちが結集しています!!

peraichi.com